Q1: ベトナム会計・税務の特徴は?

  • 25/06/2015
  • Post in: Uncategorized
  • 0 Comment

  ベトナム会計はソビエト会計に由来し、月次決算方式が採用されています。 税制の基本的な考え方は日本の実質主義に対し形式主義が優先される傾向にあります。 法人が売上並びに経費を計上するためには政府認定のレッドインボイスが必須となります。 実務上、少額の経費支出等においてレッドインボイスが取得できない場合がありますが、この場合支出の事実が確認されても法人所得税法上損金に計上することができません。 「レッドインボイス」はベトナムにおける会計・税務上の必須のエビデンスとなります。また、レッドインボイスへの記載内容に誤りがあればそのレッドインボイスは使用不可となりますので記載内容についても都度確認が必要になります。その他の会計・税務エビデンスとして各種契約書、通関資料等があります。 また、外資企業に関しては年次決算完了後外部の監査法人による決算監査が義務づけられており監査法人による監査証明書が発行された結果に基づき法人所得税の年次申告が行われることになります。