2013年11月14日にベトナム政府は地域別の最低賃金引き上げに関する政令Nghị định 182/2013/NĐ-CPを公布した。

この書簡は新たな地域別の最低賃金について規定している。

              地域

(VND/)

(VND/)

I

2,350,000

2,700,000

II

2,100,000

2,400,000

II

1,800,000

2,100,000

IV

1,650,000

1,900,000

上記の対象は企業法に基づく設立・管理機関・運営をされる企業(外資系企業も含む);労働者を雇用している協同組合、協同組合連盟、協力組合、農園、個人及びベトナムの組織;ベトナムにおける労働者雇用がある海外機関、海外組織、ワールドワイドな組織及び外国人(ベトナムはメンバーとなる国際条約の規定と異なる場合除外)となる。

この書簡に従って、雇用主と労働者は賃金について相談し決めることができる。ただし、経験者やトレーニングを受けた労働者については、上記の最低賃金より7%以上高くする必要があります。

地域別の最低賃金に基づいて、各企業は賃金テーブルや雇用契約書に記入される給料等を決める必要がある。地域Ⅰは、ハノイ市やホーチミン市などが該当。

この政令は2013/12/31より有効となり、地域別の最低賃金は2014/1/1より適用される

REF: http://www.webketoan.vn/tang-luong-toi-thieu-vung-tu-nam-2014.html

 

Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr
  • 20/05/2014
  • Post in: Uncategorized
  • 0 Comment
Share on FacebookShare on Google+Tweet about this on TwitterShare on LinkedInPin on PinterestShare on Tumblr

Leave a Reply